動画:ロンドン路線バスの車窓から

【87】ヴォクソール ➤ ウェストミンスター ➤ トラファルガー広場:2019年8月16日

記事掲載日:

動画撮影日:2019年8月16日

87系統はロンドン都心部へ行く際にはよく乗る路線。2階建てバスで運行されている。ワンズワースとオールドウィッチを結び、ヴォクソール・ウェストミンスター・トラファルガー広場を経由する。曇りがちの2019年8月16日、上階の最前列に座って撮影した動画は下記2本。ともに音声はない。

ロンドン路線バス87系統:ヴォクソール ➤ ウェストミンスター

【0:00】

テムズ河南岸のヴォクソールは鉄道駅・地下鉄駅があり、大きなバス・ステーションもある場所。ちなみにロシア語で「鉄道駅」を意味する単語 вокзал の語源でもある。バス・ステーションを出発したところから動画が始まる。右側に見えるクリーム色というか練色と緑の建物は英国の秘密情報部SIS(MI6)の本部。映画『007』シリーズにも登場しているので見覚えがあるかもしれない。

【1:05】

ヴォクソール橋でテムズ河を渡り終え、ミルバンクという道に右折しようとするが、反対車線の渋滞のため時間がかかる。

【4:37】

左側にはテート・ブリテン美術館が数秒間と僅かだが見える。聳え立つ高層ビルはミルバンク・タワー。

【6:05】

ウェストミンスター宮殿のヴィクトリア・タワーが視界に入ってくる。英国にはなんとなく場違いな椰子の木が真ん中に植わっている環状交差点を過ぎると、ウェストミンスターに近づく。

【8:25】

並木を通り、右側にウェストミンスター宮殿、左側にウェストミンスター寺院が見える。

【9:55】

ウェストミンスター宮殿・ウェストミンスター寺院が至近距離に。現在ウェストミンスター宮殿は大改修工事中。

【11:42】

右側前方に見え始める有名な時計塔(エリザベス・タワー)も組まれた足場に囲まれている。議会も休会中。

【13:15】

左折してぐるっと回るのは「国会広場」と訳せばよいだろうか、偉人の銅像が建ち並ぶパーラメント・スクエア。左折して前方に見える建物は最高裁判所、道に沿って右に回って前方に見えるのは英国の大蔵省。また右折してウェストミンスター宮殿時計塔が前方に現れる。次の動画に続く。

ロンドン路線バス87系統:ウェストミンスター ➤ トラファルガー広場

【0:00】

現在工事中のウェストミンスター宮殿時計塔を前にしたところから動画が続く。左折して入ったのはホワイトホール。ウェストミンスターが英国の「永田町」ならば、ホワイトホールは「霞が関」にあたる。左側にある立派な建物は大蔵省。

【0:50】

右側、道路の真ん中に建つのは the Cenotaph という慰霊碑で、英国で一番有名な戦争祈念施設。左側の建物は外務・英連邦省。

【1:00】

左側に見えてくる黒い柵があるところがダウニング・ストリート。10番地が首相官邸。前を走る観光バスは、乗客に見えるように徐行しているのだろう。この後も官庁街が続く。

【2:15】

見えにくいが、左側がホース・ガーズで、騎兵が警備している。多くの観光客が騎兵と一緒に写真を撮るので、兵士も馬も大変だろうなと常々思う。

【2:45】

前方にトラファルガー広場とネルソン記念柱が見えてくる。ネルソン記念柱の後ろにあるのがナショナル・ギャラリー。やや渋滞気味になる。