ロンドン観光案内

テムズ河の川底を歩く

ちょっと変わったロンドン散歩

干潮時、ロンドン・テムズ河の川底を散歩することができる

テムズ河の水位は、北海の潮汐の影響を受けて、かなり変わる。今月2013年8月を例にすると、ロンドン・ブリッジのタワー・ピアーで測定されている、満潮時の最高水位は8月23日午前4時8分の7.49メートルで、干潮時の最低水位は8月22日午後10時44分の7センチメートルとなっている。このような差があるため、干潮時には、テムズ河の川底で散歩することができる。両岸に階段があり、川底を歩いても安全な時間帯には、門が開かれていれる。川底は小石が中心のところもあれば、砂浜のようなところもある。そして、川底から見上げるセント・ポール大聖堂などロンドンを代表するような建物には、どことなく違う趣きがあるようにも思える。