ロンドン日記

マンゴー1個£1

ここ数週間ロンドンでは好天気で最高気温が30度を超える日も続いたが、湿気はないので、日陰ならまあまあ快適で吹き抜ける風が心地よい。さて、暑くなると食べたくなるのがヨーグルトと果物。先日、水分と糖分の補給のために美味しそうな果物はないかと、スーパーのウェイトローズで物色していたら、マンゴーが1個1ポンドで売られていた。

他のスーパーだったらもっと安く手に入るかもしれないが、英国の高級スーパーのウェイトローズやマークス・アンド・スペンサーでは品質管理がしっかりとしているのか、あまり当たり外れがない。

いくら最近の天気が良いといっても、英国でマンゴーは商業的に栽培できない。なので輸入品。生産国はギニア Guinea とラベルに表示されている。西アフリカにあるギニアで、隣接するギニア=ビサウや赤道ギニアではないだろう。そんな遠くな場所から来たのに1ポンドというのは、考えるとかなり安いような気がする。