ロンドン日記

子羊すね肉のキャセロール

ここ数日は晴天続き、何やら春めいてきたロンドン。しかしこれはまだ寒かった先週末の話。少し大きめのスーパーへ行って買い物をした。なぜか特売品や見切り品でないと、損をしたような気がする。特売や見切りで得をするのではなく、そうでないと損だという、貧乏性吝嗇症候とでも呼べるだろうか。

精肉コーナーで安くなっていたのは lamb shank こと子羊のすね肉。この週末、寒波は去ったが、未だに中途半端に嫌らしく寒い英国の冬の天気が続いていた。冬なら鍋とばかり、野菜をたっぷり使って煮込もうと思い立った。野菜をそれぞれ買って、下準備するのも面倒なので、ただ鍋に突っ込むだけで済む野菜を一袋。

見切りとして安くなっていた子羊のすね肉を野菜とともにキャセロールで煮込んだ。

野菜は羊のコンソメを溶かした湯とともにキャセロール鍋に。野菜の他には大蒜・オレガノ・ローズマリー・月桂樹の葉・胡椒を加えた。すね肉は短くグリルパンで焼き固めた。表面に焦げ目がついた肉を野菜の上に乗せ、蓋をして、1時間半ほど電子レンジについているグリル機能で熱した。

いくら好物とはいえ、大蒜を多く入れすぎたようだ。それでもまあまあの味。少なくとも、身体は温まった。3日間分になるかと思っていたのだが、結局2日で食べてしまった。野菜があったとしても、これでは太るもの。