ロンドン日記

固定電話回線解約

今の時代に果たして必要かどうか疑わしいものに固定電話が挙げられる。家にかかってくる電話のほとんどがセールスや勧誘や詐欺という時期もあったので、私にとって必要ではなくなっていた。電話をかけたり受信するなら携帯電話を使えば良いのだし。ただインターネットが電話回線を通してだったので、固定電話とセットになっていた。数ヶ月前、住んでいる集合住宅の工事があって、光ファイバーのケーブルが外壁に取り付けられ、光ファイバーへの移行を勧めるチラシが幾度も配られた。

電話機能は上記のようにスマートフォンが果たしている。そして私は一人暮らし。例えば家族暮らしで家にいる誰かに連絡が取れることが望ましい、または仕事用に職場に固定電話があるのは役に立つだろうが、一人暮らしで店もオフィスも持たず自宅で仕事をする自営業の場合だと当てはまらない。

このようなことは面倒くさくて後回しにするタイプの人間なのだが、結局光ファイバーにすることにして、電話回線を解約。いくつかのプランがある中、ダウンロード・アップロードともに200Mbpsというのを選択した。月35ポンドで無制限利用でき、電話回線とセットになっていたときと比べると約半額。業者が1時間ほどかけて壁に穴を開けて線を引いて、簡単に工事が終わった。

光ファイバーのインターネットの速度

やはり以前に比べるとスピードの差は歴然。特にアップロード速度が素晴らしい。写真や大きなファイルを共有することもあるので、作業を素早く完了することができるのは嬉しいし快感すら覚える。ダイヤル・アップの頃を思い出すと、まさに隔世の感あり。