ロンドン日記

ピーナッツを啄むワカケホンセイインコ

新型コロナウイルス第2波による制限が続く英国の秋。春の第1波の時から、ベランダに鳥用の餌としてピーナッツなどを出して、アオガラやシジュウカラをはじめとする野鳥を観察していたのだが、7月以降あまり見かけなくなっていた。たまに姿を見せていたのはドバト。

最近は餌の減り具合から、何らかの鳥が来ていることを推測できたが、家に籠もりつつもやや忙しかったため、あまり注意していなかった。昨日ふと外を覗くと、緑の物体が。ワカケホンセイインコ。ロンドンでは比較的よく見かける鳥で、近くのリッチモンド・パークに行くと群れをなしている。どうしてこの色鮮やかな外来種が定着したのか、諸説があるが、有力なのはペットの個体が逃げたか放たれたというもの。

器用に筒状の餌入れに掴まり、嘴で突きながら中のピーナッツを取り出していた。あまり物怖じせず、動きや仕草に愛嬌がある。結構うるさいので嫌がる人も多いが、個人的には好きなので、また餌を食べるために来てくれるのを待っている。

追伸:今日も午後になったら姿を見せた。写真を数多く撮ったが⋯⋯編集して載せるのはいつになるだろうか。撮り溜めた写真が何千とある中で。