ロンドン日記

ほぼ暖房要らず

日本で地域によって大雪になったが、英国南部のロンドンで今冬は暖冬。例年であれば12月になれば暖房を入れないと過ごせない日があるが、この冬はこれまで朝起きて外の水を見ると薄氷が張っていたのが数日あった程度。年の瀬の一晩に寒くなったので必要とした以外、無理をしているわけでもなく光熱費を惜しんでいるわけでもなく、暖房要らず。

暖房なしで過ごせるのは、集合住宅の3階に住んでいて、下の1・2階の住人が新型コロナウイルス対策の外出制限で一日中在宅していて暖房を入れているからかもしれない。少し寒いと感じたら、セーターの重ね着をしている。カシミアのセーターの上にメリノ羊毛のセーター。そして足には羊毛の室内履き。2017年に買って以来、秋から春にかけて一日中履いている。保温効果だけではなく心地も良い。3年で履きつぶしたので、昨年10月に新しく一足買った。