ロンドン日記

アオガラとヨーロッパコマドリ

依然として外出が制限されている英国。新型コロナウイルス感染症が猛威を振るいはじめて1年、時間の流れが速くなったのか遅くなったのか、その時の気分で変わる。日課としているのは、ベランダに置いてある餌台に来る野鳥の観察。ここ一年いろいろな餌台やバードフィーダーを使ってみたが、騒音や糞害のもとになる大きなドバトやカササギやワカケホンセイインコが入れないように籠を設置した。餌台の常連はアオガラとヨーロッパコマドリ。最近ヒガラを見かけたが、シジュウカラは何週間も見ていない。個体の識別はできないが、アオガラは何羽か定期的に来て、ヨーロッパコマドリは縄張り意識が強いので同じ1羽だと決めつけている。ヨーロッパコマドリは他種の鳥も自分の縄張りから追い払うことで知られているが、アオガラを攻撃する様子は目撃していない。アオガラの好物はピーナツでヨーロッパコマドリがよく食べているのは牛脂・小麦粉・ミールワームの固形飼料。

2日前の2021年2月20日、連写で撮影したところ gif アニメーションが Google フォトによって作成された。アオガラとヨーロッパコマドリが餌台に来た時間に差があったが Google フォトが一つの流れと認識したようだ。結果として良いアニメーションになったと思う。