wasaweb.net について

プロフィール写真

いつウェブサイトを作り始めたのか、もう良く覚えていませんが、21世紀が始まろうとするとき、同じ大学で勉強していた友人が、ジオシティーズを利用してサイトを作っていました。「面白そうだなあ」と何も知識がないのに、試行錯誤でサイト運営を始めました。このときは、まだまだダイアルアップ接続で低速回線の時代でした。接続時の音が、今では懐かしく思えます。もちろん、ブロードバンドに慣れてしまった身なので、もし今低速回線に接続するとなれば、かなり苛立つでしょうが。

ジオシティーズでは徐々に物足りなく感じるようにあり、コンピューターやインターネット関連の本を数冊購入してHTMLやCSSを学び、直接編集するようになりました。多くの方々と同様に、本と睨めっこ、なぜ編集したページが意図したようにブラウザで表示されないのか困惑しつつ、実験を重ねながら新しい事を学ぶ、独学の道を歩みました。毎年のように飛躍するインターネットの世界に、本当に小さい形ですが参画していきたいという意識があったのだと思います。

2000年代前半から、ひょんなことから「こんなサイトなんて無意味だ!」と昂って全てのコンテンツを削除したり、セキュリティーの脆弱なところを突かれ部外者に勝手にサイトを変更されたりと、いろいろなことが起こりましたが、インターネットそしてサイトあるいはブログという媒体を利用し、自分の書きたいことを書き、掲載し続けました。人様の目に触れるような立派なものは、果たして書けるのだろうか、自問する日々もありましたが、結局個人サイトというのは、所詮、サイト運営人によるサイト運営人のためのもの、つまりは自己陶酔なのだ、と考えるようになりました。そして編集者も校閲者もいないので、誤字脱字や読み難い文章や間違いがあっても構わないのだ、と。もっとも、そこまで割り切れず、ときにはかなりの時間を費やした記事を「ボツ」にすることもしばしばあります。掲載してから数日、読み返しては恥じることも良くあります。

これからもインターネットは、私たちの世界を変革することになるでしょう。良い面もあれば悪い面もあります。そんな中、一個人としてできることは限られていて、大きなうねりに翻弄されることになるでしょうが、それでもこのサイトという場を利用して、自分なりに考えたことを書き残したいと思っています。もし、このサイトにあるコンテンツが、有益となった、あるいは面白かったという方々がいらっしゃれば、幸甚の至りであります。

最終更新:2012年1月