ヨーロッパ鉄道旅行|座席指定

最終更新:2010年9月18日

多くの高速国際列車の場合、乗車券購入価格に含まれている。またそうでない高速鉄道や長距離列車の場合、快適さはもちろん、完全指定の場合もあるので、座席指定は行った方がいいだろう。ドイツの場合は切符購入時に座席を指定したほうが、別個行うのより少々安い。また夜行列車の寝台は必ず指定するべき。駅の窓口でパスを持っている場合は数ユーロでできるはず。大都市での駅であれば英語が通じるが、そうでない場合、紙に出発駅・日付・時刻・列車番号と行先・到着時刻を書いておき、パスを提示すれば何とかなる。