ブリュッセル | ワッフルを食べるなら⋯⋯

2009年3月31日

チョコレートやビールと並んで、ベルギー名物の一つにワッフル(仏:gaufre, ゴーフル;蘭:wafel, ヴァフェル)がある。主に長方形でカリカリしたブリュッセル・ワッフル(仏:gaufre de Bruxelles;蘭:Brusselse wafel)としっとりと重めの楕円形のリエージュ・ワッフル(仏:gaufre de Liège;蘭:Luikse wafel)の2種類があり、ブリュッセルの店や屋台など実に多くの場所で食べることができる。融けたチョコレートやアイスクリーム、あるいは果物やクリームを上に乗せる。

しかし、作り置きされ乾燥し固くなった、あまり美味くないワッフルを売るところが多い。その場で焼く店や屋台のワッフルの方が美味いが、時には見極めがつかないことがある。「本場」のワッフルが「不味い」というのは残念な体験になってしまう。大広場近くでワッフルを食べるのなら、ビスケットの老舗 Dandoy を推薦したい。1階で立って食べることもできるし、時間があれば2階の喫茶店でゆっくり味わうこともできる。