ブリュッセル・カフェ|A la Mort Subite

2009年5月26日
ブリュッセルのカフェ、ア・ラ・モール・スビット(A la Mort Subite)の写真

ベルギーと言えばビール。大広場など観光名所の近くには、多くの酒場やカフェがある。そのうちでも、ビール好きなら行く価値ありなのが A la Mort Subite だ。Mort Subite という銘柄のビールはスーパーでも売っているが、ここでは樽出しなので、一層美味い。

ラガービールはもちろん、小麦の白ビール、サクランボ・ラズベリー・モモ味そして、青リンゴのような酸味がほどよいそのままのランビックなど多種多様。また、月ごとに小さな醸造所のビールが、ゲスト・ビールとしてメニューに載る。2009年5月はホップの効いた Hopus とまろやかな Moinette があった。

内装はさっとみたところ19世紀末か20世紀初頭で、その頃の「カフェ」の雰囲気を醸し出している。ウェイターも赤いベストを着て、まるでオペラ歌手のよう。少々飲んだのか、テーブルを担当するウェイターはご機嫌で顔赤く、声が大きい。

ベルギー・ビールのグラスの写真。ア・ラ・モール・スビットにて撮影。

ビールの銘柄ごとにグラスの形が違う。ビールが残っていてもグラスがなければ、そのビールは飲めないほどのこだわりがある。