オランダ | Stroopwafel

2010年4月13日 | 写真撮影:2010年4月10日

18世紀末ハウダ(ゴーダ)で初めて作られた stroopwafel / siroopwafel はオランダを代表する菓子。アムステルダムの露天市 Albert Cuypmarkt で作り立ての stroopwafel が売られていた。

ストロープワーフェルを作る機械
大きい stroopwafel ストロープワーフェル(ストロープワッフル)

大きな stroopwafel は2枚のワッフル生地にシロップを挟んだもので、温かい。食べたら血糖値が大幅に上昇したような気分になったが、病み付きになる味。