車窓 | 黄昏のアンダルシア:コルドバ・マラガ(Córdoba | Málaga)

2009年8月28日 | 乗車日:2009年8月25日

スペイン南部・アンダルシアの風景

コルドバ・マラガ間には高速鉄道で長距離の AVE と中距離の AVANT が運行されている。マドリードとマラガを結ぶ AVE はセビーリャ・マラガの AVANT に比べるとかなり高い。車両はほぼ同様に快適なので、コルドバ・マラガの移動はできれば AVANT を選ぶといいだろう。駅のカウンターで切符を買うと座席指定もあるので、非常に便利。ただ、スペイン語のみを話す窓口係員が多いので、ガイドブックに載っているような片言のスペイン語の知識が必要となる。ちなみにまだ高速道路が貫通していないこともあり、バスだと3時間以上かかり、バスと電車の切符の値段も大差ないので、電車の方が楽。

コルドバとマラガの間は高速鉄道で約1時間。20:25コルドバ発の電車に乗ると、ちょうど黄昏時。外には山が続き、オリーブや柑橘類の果樹が並び、速く過ぎ去る。

陽が沈む。

日没後。空はまだ明るい。

マラガ(María Zambrano 駅)到着。乗車した AVANT 以外にも AVE や近郊列車が並ぶ。