W杯2010年南アフリカ大会

ワールド・カップ観戦日記 | 51 | H組

2010年6月25日

チリ 1:2 スペイン | スイス 0:0 ホンジュラス

H組はスペインが1位、チリが2位、スイス3位、そしてホンジュラス4位となった。

スペインは16強進出を確実にするためには勝利が必要な試合だったが、序盤攻勢に出たのはチリ。前の2試合同様スペインにはスペインらしいプレーができなかった。ややラフなプレーが目立ち、主審は21分までにチリの3選手に警告。

試合の展開が変わったのが24分。スペインが先制。Xavi Alonso 選手のパスに合わせて Torres 選手が球を追っていたとき、チリのキーパー Bravo 選手が出てきてクリアを試みた。球は外に出ず、35メートルは超えると思う地点から David Villa 選手が開いたゴールにシュートでゴール。

37分、Villa 選手からのパスに合わせて Iniesta 選手がゴール。この2点目はなかなか良かった。そしてゴールに至るプレーで、Estrada 選手が Torres 選手にファウル、累計警告で退場処分になった。

10人になったチリ、それでも果敢に攻めた。スイスが勝てばチリは得失点差で3位となったので、厳しい中でも点を返したい状況。

後半開始直後の47分新しく投入されたチリの Millar 選手のシュートが Piqué に当たり、弾道が変わり、Casillas 選手を超えてゴール。このあとは試合のペースが落ちて、結局2:1でスペインが勝利。

チリ対ブラジル、スペイン対ポルトガルという期待できる試合となる。特にチリは思い切りのいいサッカーでブラジルに充分対抗できると思う。スペインとポルトガルは、3試合を観たかぎり、ポルトガルの方がチームとしてできている。さて結果はどうなるだろうか。