サイト再構築:成功?

2011年1月27日

このドメイン名 www.wasaweb.net は数年続けて使っているが、それでもその間に2回大きな変化があった。

2009年までは、このドメイン名のサイトには特に変更する必要がない数ページが掲載されていた程度だったが、それなりにアクセスもあった。2008年、何を思い立ったのかサイトの他に幾つかブログを始めた。最初の頃はブログをテーマ別に分けて書いていたが、徐々におざなりになってしまった。そこで2009年、『サイト・ブログ統合|新しい www.wasaweb.net』にあるように、すべてのサイトとブログを www.wasaweb.net のドメイン名を保ちながら、ブロガーを利用したブログの形で一つに統合した。これが1回目の変化。この時点で、301リダイレクトを設定できず、検索エンジンの順位もかなり落ちた。もっともこれはある程度予想していた。ブログにはコメント欄やフィードなど便利な機能があったのが魅力だった。これは数ヶ月で検索エンジンの順位も回復気味だったが、ブログにはだんだんデザインなどの面であまり自由がないことがあり、またブログの特徴として日本語と英語が混ざったこともあり、結局、ブログからサイトに再構築することにした。それが2回目。『サイト再構築』にあるが、これが一応終わったのが昨年2010年10月のこと。これまで被リンクがあったり検索エンジン経由で多くの閲覧者があったページは301リダイレクトを使用したので、特に順位はあまり落ちなかったが、多くのページはなかなか登録されなかった。

2010年10月から3ヶ月ほど経て、ようやく検索エンジンの結果に反映されるページ数が増えて安定してきた。今はヤフーがグーグル検索を利用することもあって、以前より閲覧者の数がかなり増えた。このサイトに限ってはブログよりサイトの方が良かったと安心している。そうコロコロと変えていたのは、褒められたことではなかったが、実験した価値はあったのかもしれない。

ブログはやはり一つのテーマに絞り、継続して閲覧する読者層があれば、今でも最適のメディアだと思っている。でもこのサイトのように、いろいろと違う内容のコンテンツがあると、日付順に掲載されるブログはあまり合っていなかった。またブログ記事とウェブサイトのページでは、やはりウェブサイトのページの方が融通がきき、余分な部分を省くことができ、ページによっては検索エンジンの順位の上位にも表示されるようになった。そして同じページに英語と日本語が混ざっていたのは、やはり検索エンジン最適化の面からすると、非常にまずかった。やはりページ毎がいわば勝負であって、できるだけ的を絞ることが大切だということを改めて実感している。