サイトいじりという道楽

ただ単に落ち着きがなかっただけか、それともコーヒーを短時間に飲み過ぎたのか、最近このサイトをいじってみたいという衝動に駆られて、いろいろと変えてみた。寝食を「忘れる」ほどではなかったが、数日間不規則な生活となった。明確な理由はなく、時々サイトを再構築したりデザインを更新したいという願望が募る。年に数回あるだろうか。どうやら友人には軽躁状態あるいは強迫性障害と映るらしい。HTMLやCSSファイルの更新には、結構集中力が求められるので、それなりの意欲と時間がなければできない。

今回のサイト変更では、広告の位置を変えてみたり、違う背景色を使ったり、間隔を開けたり、特に大きく何かを変えたのではなく、次々と小さな更新を行った。いつもそうなのだが、前もってどこをどのように変えるのか、じっくり考え、綿密な計画を立て、順序を踏まえ、試作ページを作成し、いろいろとテストするということはなく、ほぼ行きあたりばったり。無計画で「これを変えたらどうなるだろうか」というような感覚。時には何かを変更して数時間経過したら、前の方が良かったと思えて元に戻したり、まだまだ不十分だからと更に変えたり、CSSでどこか崩れているので修正したりと、不必要に忙しい。計画性なく、漠然と「変えてみたい」と思っているので、どこで区切りをつけるのか、難しいことも。大抵は疲れて、空腹になって、眠たくなって、集中力が途切れて、やる気がなくなる時点が自然に発生し、そうなると自分に内在する面倒くさがり屋が勝って「これくらいでいいや」で終わってしまう。いい加減であるし、いつもなら臆病であれこれ準備をするような性格なのに、ろくに考えもせずに突発的に行動したり、確かに軽躁状態と言われても反論できない。いずれは専門家に診断を仰ぐことにしてみようか。まあ、全く予期していなかったことがあれば、ストレスになるが、そうでない限り、結構楽しんでいる。

このように長い間ウェブサイトをだらだら運営していると、時々サイトの作成やデザインを頼まれることがある。非常にありがたいお話だが、断っている。

まず専門知識がないことが理由。HTMLとCSSでサイトを作ることはできるが、それ以上のことはできない。例えば JavaScript もごく簡単でなければ、お手上げ状態となる。これまで、コードで壁にぶつかったら、検索して、大体 Stack Overflow に載っている似た事例の質問に対する回答を見よう見真似で取り入れて、何とかこのサイトを維持してきている。また WordPress などCMSをほとんど使ったことがない。現在多くの運営者は、CMSあるいはブログ・サイトを利用しているので、もし仕事として引き受けるのであれば、それらの利用方法も知る必要がある。ほんの一時期このサイトを Blogger で運営していたこともあったが、ゼロから自分でHTMLとCSSでサイトを作った方が面白く、もう何年もそうしている。サイト運営の観点から、多くの面で無知であることは自覚しているが、知っていることと知らないことの境界線が非常に不明確。確実に知っていることと知らないこと、つまりできることとできないことを知っていなければ、報酬を得る仕事は無理だと思っている。まあ、無知とは未知なので、学習すればいいのだが、怠け者なので、実行する気力がない。

もう一つ大きな理由として、私は創造性に乏しいから。カタカナ言葉を使えば「クリエイティブ」ではないため。依頼主がはっきり具体的に「このようなサイトを作って欲しい」と単なるコーディングの仕事さえ上記のようにできないのに、デザインまで任せられるのは苦痛。もう15年ほど前になるが、大学関連で簡易サイトを作ったというか「作らされた」ことがある。ほぼ無料で。その時はまだモバイル端末など考慮する必要はなく、1024✕768を基調にすればよく、フレームでページを分割していた。ああ、懐かしの frameset ⋯⋯。試作サイトを作った後、いろいろと注文があったが、具体性に欠け、苦労した。

「イメージしていたのとちょっと違うなあ」

「それじゃあ、どこを変えればいい?」

「だから、何か変えてみて!」

「⋯⋯」

もし私が優秀なデザイナーで、創造性に富んでいたならば、主導権を握ってあれこれ提案しただろうが、サイトをコーディングするだけで手一杯だったので、腹立たしかっただけ。

このサイトを作って維持するのは「道楽」だから楽しい。それが一番大きな理由かもしれない。趣味だから夜更ししても楽しい。いろいろと苦労することがあっても結局は楽しい。見劣りしたへぼサイトでも、趣味だから愛着が湧く。趣味となれば、時間と労力を注ぎ込むし、金も払う。採算や効率は度外視。一方、仕事となれば、必要とされる時間を計算して、効率を良くして、対価を求めなければならないし、責任も生ずる。一時間にどれくらいの仕事ができるか全く見当がつかないし、どれくらいの金額を求めるべきなのかも知らない。自分のサイトなら、例えば .htaccess ファイルを変にいじったり、SSLサーバー証明書の導入に手こずって、500エラーが出ても「あっ、サイトが出ない。どうしよう。調べないと」でいいけれども、依頼主のサイトだったら、そんなことでは済まされない。つまり、仕事となると、楽しめない。ストレスになるだろうし、そのストレスと時間に見合うだけの金額を、請求できる自信もない。

これからも「道楽」としてこのサイトを続けたい。さて、次はどこを変えようか⋯⋯。