コーヒー一杯£15

Evening Standard (West End Final)

2019年3月5日 第3面

Savour it ... the :15 cup of coffee from war-ravaged Yemen

Isobel Frodsham

ロンドンにあるアラン・デュカス氏のカフェで、コーヒー一杯が£15(執筆時点のレートで£1は147円なので2205円)で提供されているという新聞記事。この高額なコーヒー用の豆は、内戦状態にあるイエメンの標高2300メートルの高地で栽培されていて、収穫量は年13㎏だという。希少であり、味は極上らしい。

この記事を読み、紛争地帯なので一杯£15のうちどれだけコーヒー農家の手に渡っているのだろうか、流通過程で武装勢力の資金源になってはいないのだろうか、いろいろと疑問が浮かんだ。また、このような状況だからこそ、イエメンの人々が経済的に自立できることが重要なのだろうかとも思った。

一杯£15という値段を目にした時は「高い!」と感じたが、果たしてそうだろうか。確かに£15は、私の場合、家で飲むコーヒーの数カ月分にあたる。しかし、街中にあるカフェに行けば、一杯のコーヒーが£2.50なんてざらにあること。チェーン店のコーヒー6杯分、あるいはチェーン店のコーヒーの6倍の美味さと考えれば、まあ、あり得るかな⋯⋯。

どうも最近金銭感覚がおかしくなってきたような気がする。