英国路線バスの旅

オックスフォード〜レディング

2019年4月20日の夕方、英国のオックスフォードからレディングまでバスに乗った際に撮影した菜の花畑の写真

オックスフォード・レディング間は、鉄道の場合、途中の駅を通過する速達列車で23〜6分。オフ・ピーク時間帯の当日の片道運賃は£10。一方バスだと運賃は£4と鉄道の半額以下だが、時間は数倍の1時間半ほどかかる。

時間に余裕があったので、一度も乗ったことのなかったバスX40番を利用してみた。鉄路と道路では見える風景も違うだろうと思って。土曜日の夕暮れ、田園風景が広がる中、小さな町や村を通った。傍に菜の花畑の黄色が見え、土と堆肥の匂いが漂っていた。オックスフォードの始発の次の停留所からレディングの終点までこのバスに乗っていた物好きは私一人だけで、いつの間にかとっぷり日が暮れて唯一の乗客となっていた。

2019年4月20日の夕方、英国のオックスフォードからレディングまでバスに乗った際の乗車券

このバスの場合、乗車券は乗車時に行先を告げると運転手が発券する前払い方式。現金の他、非接触型デビットまたはクレジットカード、そして Apple Pay と Google Pay で決済も可能。バス会社のICカードもある。オックスフォード・レディング間にはいくつかの系統のバス(X38・X39・X40)が運行されている。詳しくは運行会社の Thames Travel のウェブページ www.thames-travel.co.uk/routes/x38x39x40 にて。