ロンドン日記

The Mall にてケンブリッジ公爵夫妻の写真を撮影

ウェストミンスター寺院での成婚式とバッキンガム宮殿までの馬車行進をテレビで観たあと、地下鉄に乗ってロンドン中心部に向かった。特に目当てがあったわけでもなく、珍しくあちらこちらに連合王国国旗が掲げられているので、写真でも撮ろうという意図で。

ヴィクトリア駅からウェストミンスター寺院までまず歩き、次にトラファルガー広場に向かい、そのあとバッキンガム宮殿の方面に行った。午後3時をちょっと過ぎた頃だったが、ここにはまだまだ多数の人がいた。ゆっくり歩いていると、警官が The Mall をまた閉鎖し、ゴミが収集されていた。何かあるかもしれないと待っていると、徐々に沿道の人の数が増え、4時頃、運良くケンブリッジ公夫妻の姿を見ることができた。バッキンガム宮殿からクラレンス・ハウスに向かって、ケンブリッジ公に叙されたウィリアム王子が自身で車を運転していた。

目の前をさっと過ぎたので、あまり写りの良い写真は撮影できなかったが、実際にこの日、公爵夫妻の姿を見ることができたのはあまり期待していなかっただけに幸運だった。

フロントガラス越しにケンブリッジ公妃が手を振っている姿が見えるが、ケンブリッジ公の姿はあまりよく見えない。

バッキンガム宮殿からクラレンス・ハウス (Clarence House) に向かうケンブリッジ公夫妻(1)|ケンブリッジ公妃が手を振っている姿が見えるが、ケンブリッジ公の顔はあまりよく見えない

この写真では逆に、ケンブリッジ公の顔は見えるが、公妃は前を向いている。

バッキンガム宮殿からクラレンス・ハウス (Clarence House) に向かうケンブリッジ公夫妻(2)|ケンブリッジ公の顔は見えるが、公妃は反対側を向いている

最後のチャンスでなんとかケンブリッジ公爵夫妻2人の横顔を見ることができた。

バッキンガム宮殿からクラレンス・ハウス (Clarence House) に向かうケンブリッジ公夫妻(3)|ようやく夫妻2人がこちらを向いて、ぎりぎりで撮影に成功(としておく)

本当にあっという間だった。

続く車に乗っていたのはハリー王子。ちょっと残念なことに、前にいた女性の頭が写っている。人だかりだから仕方がない。

バッキンガム宮殿からクラレンス・ハウス (Clarence House) に向かうハリー王子