独り言|1492年:スペインの悲劇?

2009年8月28日

世界史の勉強で必ず暗記させられる年に1492年がある。スペイン(カスティーリャ)語では Cristóbal Colón と呼ばれるコロンブスが「石の国」を「発見」した年だ。新世界発見は、ヨーロッパ文明とヨーロッパ人のアメリカ大陸への侵蝕の始まりを意味し、現在の世界的秩序の序章となったという見方もできようか。

そして1492年は、イベリア半島がキリスト教国によって再制服あるいは回復された年、まだアラゴンとカスティーリャに住むユダヤ人に対し改宗しなければ追放される勅令が発せられた年でもあった。戦争はあったものの、多宗教が共存していたイベリア半島が、カトリック教国へと変化したことを告げた年次とも読める。

多様性と共存という社会から一人の王・一つの法律・一宗教への移行を象徴する1492年はスペインにとって悲劇の年かもしれない。