140字の情報量

2010年5月29日

ツイッターを使うと、英語と日本語の違いを実感する。140字以内に収められる情報量のこと。英語で140字というと、かなり短く、例えば「新しくブログ記事を書きました」と呟きたい場合、せいぜい題名とリンク、そしてかなり短い説明しか詰め込めることができない。一方日本語だと、抜粋を載せることもできるし、いろいろと便利。ちょっとした議論にも向いているし、感覚として日本語の140字はちょうどいい長さ。実際どれだけの速さでツイッターが日本で普及しているか、様々な説が流れているが、これからもっと利用者が増えてもおかしくないと思う。