EUとブラウザ競争

2009年12月16日

このサイトはIE8以下だと少々崩れてしまうが、コードを編集することにいい加減飽きてしまい、まだ問題は残るが当分の間は放置することにした。このサイトを訪れる方々の統計を見ると、徐々そして着実にIE8利用者が増えてきているが、どうもIE7からIE8に切り替えた場合が多く、まだまだIE6の利用者も多い。そして数年前に比べると他のブラウザ利用者も増えているが、全体的にはまだインターネット・エクスプローラが優勢。

しかし来年から少なくとも欧州ではIEの比率が下がるかもしれない。理由はEU競争総局が、独禁法違反とみなしていた、ソフトと抱き合わせでインターネット・エクスプローラを搭載して、ブラウザ市場で支配的地位を築いていたマイクロソフト社と、利用者が他のブラウザを選択できるようにすることで合意したため。ソフトのアップデート時にウィンドウが開き、インターネット・エクスプローラ以外のブラウザを選択できるようになるという。

常々インターネット・エクスプローラ以外のブラウザの方が一般的に良いと思っているし、競い合うことでより便利になるだろうからインターネット利用者にとっても朗報のはず。今後、他のブラウザのシェアが広がることを期待している。