インターネット・エクスプローラに脆弱性

2008年12月16日 | 最終更新:2008年12月18日

マイクロソフト社のブラウザで脆弱性が発覚したインターネット・エクスプローラから、他社のブラウザに(一時的にせよ)切り替えるように専門家が推奨している。検索エンジン市場で低迷していて、ポータルとしてもやや劣勢であるマイクロソフトにとって、インターネット市場で強い立場を維持しているのは、利用者の割合が70%以上と言われているブラウザ市場だから、これはかなりの痛手となりそうだ。

今回問題となっているコードは、中国でオンライン・ゲームのパスワードを盗むためにまず作られたらしいが、銀行口座の暗証番号やパスワードを盗むこともできるという。まだ有効な対応策はなく、ほとんどのバージョンのインターネット・エクスプローラに脆弱性がある。危険なのはウェブサイトを訪れるだけで感染してしまうところだ。他へのブラウザに移行することができない場合は、ウィルス対策ソフトを最新版に更新、ブラウザのセキュリティ設定を最高に、そして保護モードを利用するとリスクが低くなるというが、まだ防止・撃退には至っておらず、感染したサイト数(約1万)とコンピューター台数(約200万)は増加する一方だと報道されている。

【追加】明日2008年12月17日(水曜日)にマイクロソフト社がブラウザのセキュリティ更新を配信するという。

【追加】12月18日のパッチで問題が解決されたとあるので、セキュリティ更新を行うことが肝心だ。