ツイッターの使い方?

2009年12月29日

最近アカウントを取得して使い始めたツイッター、まだどのように使う(べき)モノなのかよく理解していない。何気ない日常を呟くといってもせいぜい
 「起きた」
 「食べた」
 「寝た」
 「新聞を読んでいる」
 「コンピューターで遊んでいる」
 「コーヒーを飲んでいる」
 「テレビを観ている」
 「雨が降っている」
 「晴れている」
ぐらいなので、面白くもなんともない。

便利なのは、いろいろ持っているプロフィール、例えばフェイスブックやヤフー!や goo など、個別に更新せずとも、ブログを更新したときに自動的にリンクを貼るつぶやきを送れるところ。それ以外の用途は今のところ見出せないでいる。140字ではやはりちょっと窮屈で、何か書くならまだブログの方がいいと思っている。

Twitter に慣れてしまっているので、ツイッターと言われてもピンと来ないところがある。無理にカタカナでトゥウィッターと書くのももちろん変だが、Twitter とツイッターは何か別物のように思えてしまう。

有効な使い方はあるだろうし、間違った使い方もあるだろうが、ある一つの正しい使い方があるわけでもない。どのように使うべきなのか、これからもさらに実験してみたい。