英国の受刑者・未決拘禁者数(2013年3月)

いつの時代も、どこの国でも、おそらく、以前よりも社会は悪化していて、犯罪が増加していると信じてやまない人々が多いだろう。そして、犯罪が増えるのは、罰則が甘いから。だから、厳罰化すれば、犯罪が減るという考え方も根強い。犯罪者は、社会の安全のため、そして罰則として、刑務所に服役するべきということになる。英国では、多くの政治家・政党がいかに刑務所を多く作るか、政策面で競い合うことも多い。

さて、2013年3月時点、英国(イングランドとウェールズ)における受刑者・未決拘禁者数は8万4505名。そのうち男性8万547人で、刑務所や拘置所の人口のおよそ95%を占める。女性は3958人で5%ほど。やはり、圧倒的に男性が多い。英国の刑事施設の最大収容人数は8万8776人で、95%ほど埋まっているということになる。そして1993年6月には、およそ4万4千人が収容されていたので、20年で倍増したことになる。

ちなみに日本の場合、平成24(2012)年版犯罪白書第2篇第4章によると、平成23年末に刑事施設(刑務所・少年刑務所・拘置所)に収容中の受刑者・未決拘禁者数は、6万9876人だった。

注) ここでの「英国」はイングランドとウェールズを指し、スコットランド及び北アイルランドの受刑者・未決拘禁者数は含まれない。統計は、受刑者、有罪は確定したものの刑期がまだ定まっていない者、そして未決拘禁者の総数。