A Journal of the Plague Year | Title

A

JOURNAL

of the

Plague Year:

being

Observations or Memorials,

Of the most Remarkable

OCCURRENCES,

As well

PUBLICK as PRIVATE,

Which happened in

LONDON

During the last

GREAT VISITATION

In 1665.

ペストの年の日誌

または

先の1665年にロンドンでペストが大流行した時に私事と社会で起きた珍しい数々の事件の記録と回想

Written by a Citizen who continued all the while in London. Never made publick before

ペスト大流行の間ずっとロンドンに留まったとある市民の手による、これまで未公表の作品

LONDON

Printed for E. Nutt at the Royal-Exchange; J. Roberts in Warwick-Lane; A. Dodd without Temple-Bar; and J. Graves in St. James’s-street. 1722

ロンドン

(印刷者についての情報)

1722年

翻訳ノート

作者はダニエル・デフォー。生まれたのは1660年頃と言われているので、このペスト流行時にはまだ子供だった。

 

底本

最終更新日

2020年3月20日