パソコンを自作する

この数年間ノート型パソコン3台を利用してきた、それも2台はもうとっくに寿命が過ぎている MacBook と Chromebook で、いつ再起不能に陥るかハラハラしながら騙し騙しに。そして大抵は家で使っている。古いノート型パソコンでも、文書の作成やウェブサイトの閲覧程度ならば、格別問題があったわけでもないのだが、写真の編集となると難しく、またやたらに作動が遅いのにつくづく嫌気がさしてきたので、新しくデスクトップ型パソコンを買おうと、街の家電屋の店頭を覗いたりアマゾンなどネット販売店で調べていたのだが、どうも安くて高性能のコンピューターが見当たらなかった。アップルのパソコンの性能は高いかもしれないが、値段も高くて、とても手が届かない。アップルの製品は確かに素晴らしいと思うが、だからと言って、アップル至上主義者でもない。また、ここ数年は Windows から遠ざかっていたが、別に絶対にマイクロソフト反対というわけでもないので、いろいろと Windows 搭載のコンピューターも物色したのだが、どうも「これだ」と思えるのは見つからなかった。安いデスクトップ型パソコンは多くあるのだが、性能がいまいちで、ノート型パソコンよりも劣るのが多かった。買うならば、少なくとも今後数年は使えるコンピューターがいい。安物買いの銭失いにはなりたくない。

迷ったあげく、部品を買って、コンピューターを自作してみようと思い立った。ゲームをするために非常に高性能なコンピューターが必要だというわけではなく、インターネットでテレビ番組を観たり、文書の作成や編集、またこのウェブサイトの更新などができれば良い。後に部品を取り替えたり追加したりして、性能を向上させることもできる。さて、パソコンを自作しようと思い立ったのは善しとしても、どの部品が必要で、何を基準にすればいいのか、皆目見当がつかなかった。ネットで自作パソコンについて調べると、多くの場合、ゲームを楽しむ人達がいろいろと熱心に語り合っていた。結局、必要最小限の部品の値段と性能を天秤にかけて選び、アマゾンで一括購入して、組み立てることにした。

最初に決めたのは、マザーボードの大きさであるフォーム・ファクタだった。これで選択肢を減らすことができるという、安直な理由で。ケースが大きくても置く場所はあるので、ATXでもいいかとも思ったのだが、図体だけ大きいコンピューターを作っても仕方がないと思い、マイクロATXに決めた。ただし、この時点では、どのマザーボードにするか決めていなかった。その前にCPUを決めなければならなかったから。訊いた知人の多くは Intel 派だったが、値段という理由だけでAMDにした。AMDでもFXとAという2シリーズがあるのだが、マイクロATXのマザーボードの種類と値段からしてAシリーズが妥当という結論に至った。その後は、ほぼアマゾンのお勧めと値段でケース・マザーボード・電源・メモリー(主記憶装置)・HDD(補助記憶装置)を選んだ。

買い揃えた部品は以下の通り。

ケース

Fractal Design Core 1300 Series Micro ATX Case

派手ではなく、シンプルで安目のケース。

マザーボード

Asus A88XM-PLUS

アマゾンで半額近くで売られていた。

CPU

AMD A10 7700K

今回買った部品で最も高かったが、それでも£100以下。A8シリーズの方がやや安かったが、値段差以上に性能に差があったと考えたため。冷却装置も付属ので充分。

メモリー

HyperX Savage 8 GB 2133 MHz DDR3

4GBを2つ買うのと値段がほぼ変わらず、今後の増設の余地も考えると8GBが妥当という判断。

電源

Corsair Builder Series CXM 430W

定番ともいえる電源だろうか。430Wあれば当分の間大丈夫だろう。

HDD

WD 1TB 3.5 inch Internal Hard Drive

そのうちSSDが安くなるだろうし、多くのデータは外付けHDDに保管しているので、1TBでしばらくは足りるだろうという楽観的な見方。

組み立て中のコンピューター

無知とは恐ろしいもので、かなりちぐはぐなコンピューターを作ったようだ。なお、光学ドライブは必要ないと思ったため、買わなかった。

大した問題もなく、コンピューターは組み立てたのだが、OSが必要。最初は Linux の中でも利用者の多い Ubuntu にしようと思っていたのだが、恐らく私のミスで起動用USBの作成に失敗したので、代わりに openSUSE をインストールした。これまで Linux をインストールしたことはなかったので、ちょっと不安でもあったが、特に違和感を覚えることはなかった。もっとも、まだインストールしてから数日も経っていないので、なんとも言えないのかもしれないが、必要なソフトウェアはあるし、日本語入力も問題なく、使い勝手もよくて、正解だったと思う。そしてなんと言っても、速い。

これからこのサイトの更新も捗るようになるだろうか。