移動中とにかく写真を撮る

列車や飛行機やバスに乗っているとき、あまり落ち着かない。明るい時間帯に窓側の席に座っている場合、写真をよく撮る。とにかく撮る。動いているので、使い物にならない写真が多いのだが、下手な鉄砲も数撃てば当たると信じて。これはデジタルだからできることで、一葉一葉にフィルム現像料がかかっていた時代にはとても考えられなかった芸当。

打率の低さは打席数で補うしかない。打者とは違い、絶対数で良い写真が撮れれば成功と呼べる。でもたまにはほぼ没写真だけということもある。

バンベリーからオックスフォードまで電車に乗っていたときに撮影した英国の田園風景
バンベリーからオックスフォードまで電車に乗っていたときに撮影した英国の田園風景

2019年4月20日の午前9時過ぎ、心地よい朝陽の中、バンベリーからオックスフォードまで列車に乗っていたら、ところどころに真っ黄色の菜の花畑があったので、その風景をスマートフォンのカメラに収めようして数十葉の写真を撮影したのだが、全滅。他にも牛の群れを撮ろうとしたが、これも失敗。かろうじて緑の田園風景の写真2葉が撮れた。