思い立ったが吉日

2020年も残すところこの12月のみとなった。新型コロナウイルスなど今年これまでに起きたことを考えると、できるだけ早く終わってほしい。2020年はもう懲り懲り。しかし2021年になれば、すぐに何かが変わるということもないだろうし、2021年が2020年より良い年となる保証は全くない。

春以来、基本的に家に籠もり、外出するのは買い物や散歩という日々。車や自転車はなく、公共交通機関も3月16日以来乗っていない。ロンドンの中心部には2月以来行っていない。半年以上私の行動範囲は歩ける距離に限定されている。それでも精神衛生をなんとか保っているのは、窓の外を見れば緑と動物があり、少し歩けばウィンブルドン・コモンという自然があるからだろう。もしこの環境がなければ、かなり前に精神的に参ったと思う。

散歩に行くウィンブルドン・アンド・パトニー・コモンズ (Wimbledon and Putney Commons) は、単にウィンブルドン・コモンと呼ばれることが多い。2020年11月28日撮影。

どう表現すれば良いのか⋯⋯今年は時間が遅いのか速く過ぎているのか、わからなくなってきた。どこにも行かず毎日がほぼ同じなのでその瞬間は長いと感じても、月単位あるいは2020年という年を振り返ってみると輪郭がぼやけているうえ、かなり急に過ぎ去っていたような気がする。まだ12月1日、でももう12月。考えてみるとどこにも行かず何もせず「長い」と感じるはずの2020年が短く思える。何かがおかしいような⋯⋯。

年が改まるごとに、このサイトにもっと力を注ごうと誓うのだが、結局三日坊主になっている。2021年もそうなるかもしれないが、思い立ったが吉日、今日から始めよう。文章という形でまとめれば、謎めいた時間の流れも不思議でなくなるかもしれない。恐らくこれも三日坊主になるだろうが、そうなったらまた新年に同じ目標を立てれば良いだけ。