コエンドロ・コリアンダー・パクチー・シラントロ・香菜

数日前、スーパーで見切りで安くなっていた商品の中に、野菜団子と表現すればいいだろうか、サツマイモを主原料に香辛料が入っているものがあった。

サツマイモとコエンドロ・コリアンダー・パクチー・シラントロ・香菜とレモングラスと唐辛子の野菜団子

割引シールに隠れているが Asian sweet potato bites という商品名。アジア風とは大雑把な括りだが、コリアンダーとレモングラスが入っていると、タイ料理を思い浮かべる。日本でパクチーパクチーと大いに流行り始めた頃、パクチーとは一体何だろうか、コリアンダーのことだと知って、拍子抜けした。

英国英語ではコリアンダーだが、米国英語ではスペイン語のシラントロが一般的。少なくとも葉の場合は。中華料理では香菜で、日本語の辞典にはポルトガル語が語源のコエンドロが載っている。

同じ食材だが、このように違う名前がいくつもあると、ついつい別物かと勘違いしてしまう。