ニュース斜め読み:2019年9月17日

【このページについて】いつまで続くか分からないし、毎日更新することはないだろうが、読んだ新聞や雑誌の記事についての感想を短く書き記してみようと思う。このサイトに個々の記事として纏めるのは面倒だが、記録はしたいというようなニュース。インターネットで手軽に入手できるため、情報やニュースの消費量は劇的に増えた。しかし、毎分毎秒ウェブサイトが更新され、次から次に起こることを追ってしまい、瑣末に拘泥し、大局や本質を見失っているような気がする。新聞や雑誌の多くは PressReader というサービスで読んでいる。下記はあくまでも個人的なメモや短評であり、記事の正確な要約や翻訳ではない。

 

Neue Zürcher Zeitung

2019年9月17日 第8面

Kuba kämpft mit der nächsten Versorgungskrise

Peter Gaupp

キューバでは停電が頻繁に起こり、鶏肉・卵・米・小麦・食用油など食料品や石鹸・歯磨き粉等の生活必需品、そして薬も品薄状態になっているらしい。5月には価格統制も導入。キューバはこれまでにも外の援助で成り立っていた。ソビエト連邦、その後はベネズエラというように。しかしソ連はなくなり、ベネズエラも深刻な経済状況に。ブラジルに派遣していた医師団もボルソナーロ氏が大統領となり帰国。サトウキビの不作も続いている。そしてトランプ大統領の対キューバ制裁強化で外貨獲得が非常に難しくなっている。米国からキューバへの送金も制限されていて、他国にも米国から圧力がかかっている。観光客も減っている。ただし制裁強化で痛手を負うのは、キューバの政権や国家公務員ではなく、民間の中小企業や個人だという。キューバの政権は米国の外圧が理由とするが、共産党一党制体制と進まぬ構造改革も原因。

 

The Irish Times

2019年9月16日 第14面

Tourism sector could ‘decline’ after VAT rise

Peter Hamilton

アイルランド共和国の付加価値税・VATは日本の消費税にあたる。標準税率は23%。軽減税率もあり、13.5%、9%、5.2%、4.8%、0%。物やサービスで課税率が変わる。例えばビスケットは13.5%の課税対象だが、チョコレート・ビスケットになると23%が課される。この新聞記事によると、アイルランドの観光庁の概算で今年の観光産業の成長率は1〜2%が見込まれる。2019年初には5%という予測だったので下方修正。観光産業は9%の課税対象から13.5%に変更された。税込価格で統計をとるので、実質的には成長ではなく縮小するのではないかと言われている。原因は増税ではなくて、英国の欧州連合離脱、ボーイング737MAX問題など。もし合意なく英国がEUから離脱した場合、アイルランド観光産業が受ける打撃は非常に深刻で、最初の1年で3億8千万ユーロ(約453億円)の減収となり、最大1万人の雇用に影響すると概算されている。