スウェーデン | 石を投げれば両替所に当たる

2008年12月7日

今日ストックホルムに行ったのだが、改めて「多い」と感じた場所があった。コンビニのセブン・イレブンと両替所だ。中央駅前やデパート街には数多くの両替所があるが、特に FOREX Bank (www.forex.se) という黄色の背景に黒字の看板で目立つ両替所が非常に多い。

観光客や海外からのビジネス客だけのためではなく、スウェーデン人の多くが、現金を使って小規模の外為取引を行っていると推測している。そうでなければ、この過密状態では商売として成り立たないと思う。訳あって比較的多くのクローナを持っているので、その一部を英ポンドと加ドルに両替した。英ポンドは他に基軸通貨に対し下落しているのだが、スウェーデンも最近1.75%の利下げを行ったため同様の立場で、数週間前と比べて大きな得をしたわけでもなかったが、待った所でレートがどのようになるか素人なのでわからない。このままクローナを持ち続けて英国で両替所に行くよりも、とりあえず売買のレートが比較的良く、手数料も取られないスウェーデンの方が両替した方がいいと判断した。

間違っていただろうか、来月レートを確認しよう。

いつも違う通貨を持ち歩いて、各国間通貨のレートを覚えるのも一苦労⋯⋯。