漢字は難しい:「ひなん」と「ひばく」

2011年3月18日

震災関連のブログやツイッターなどを読んでいると、大人数の「非難」者が存在し、福島第1原発付近では「被爆」した人もいる。

避難者を非難者とするのは、避難と非難は別々のことだと分かっていながらの単なる変換ミスだろう。だれも校正してくれないような所では、変換ミスがあるのは仕方がないので、文脈から意味さえ通じれば良しという考えている。そして、人様の文章を批判できるような立場にあるわけでもない。

一方、被爆と被曝はちょっと分かりづらいので、誤用されている可能性が高い。爆と曝は似ていることもあるし、両方とも原子と関係があるので、ちょっと考えないといけない。被爆者は原子「爆」弾で害を被った人、被曝者は放射線に「曝され」害を被った人と覚えるようにしている。ただ、福島第1原発では爆発が起きて、放射線が漏れているので、被爆者もあながち間違いではないのかもしれない。