政治家がニュースとなるとき

2009年12月24日

「友愛政経懇話会」の偽装献金問題で2人の元秘書が在宅・略式起訴された鳩山首相だが、辞任するつもりはないらしい。辞任沙汰かどうかは分からないし、これから議論されるだろうが、政策ではなく政治家がニュースになると厄介になってしまう。有権者が持つ政治家に対するイメージが固まってしまうと、政策自体ではなく、政治家によって政策を判断する部分が大きくなる。人柄の重要性と言ったらいいだろうか。「これはいい政策だから賛成する、悪いから反対する」ではなく、「この政治家だからいい政策だろう、悪い政策だろう」というように考える。前政権の麻生氏も、実情を反映しているかは別として「ぶれる、優柔不断、言い間違える」政治家というイメージが先行してしまい、政策が埋もれがちになってしまった。