A Journal of the Plague Year | 2

The People shew’d a great Concern at this, and began to be allarm’d all over the Town, and the more, because in the last Week in December 1664, another Man died in the same [3] House, and of the same Distemper: And then we were easy again for about six Weeks, when none having died with any Marks of Infection, it was said, the Distemper was gone; but after that, I think it was about the 12th of February, another died in another House, but in the same Parish, and in the same manner.

人々はこの件について非常な心配をし、街中で懸念が広まっていた。更には1664年12月の最後の週にもう一人の男が同じ家で同じ症状で死亡した。しかしその後の6週間、ペストが死因と思われる外傷のある死者はなく、皆胸を撫で下ろしていた。疫病は去ったのではないかと。だが、その後、恐らく2月12日頃、また同じ教区内の違う家に住む人が同じ症状で死んだ。

This turn’d the Peoples Eyes pretty much towards that End of the Town; and the weekly Bills shewing an Encrease of Burials in St. Giles’s Parish more than usual, it began to be suspected, that the Plague was among the People at that End of the Town; and that many had died of it, tho’ they had taken Care to keep it as much from the Knowledge of the Publick, as possible: This possess’d the Heads of the People very much, and few car’d to go thro’ Drury Lane, or the other Streets suspected, unless they had extraordinary Business, that obliged them to it.

この事態を受けて、人々の目は町のこの地区に向けられるようになった。死亡週報によれば、セント・ジャイルズ教区での埋葬数が通常よりも多く、人々はこの地区にペスト罹患者がいるのではないかと疑い始めた。それも実際には多くのペスト死者がいるのに、公にならないように隠す努力をしていると。ペストは常に人々の意識にあり、ドルリー・レーンや他のペストの疑いがある道を通ろうとする者は少なかったし、敢えて行く者は何かしら行かなければならない理由があった。

This Encrease of the Bills stood thus; the usual Number of Burials in a Week, in the Parishes of St. Gile’s in the Fields, and St. Andrew’s Holborn were from 12 to 17 or 19 each few more or less; but from the Time that the Plague first began in St. Gile’s Parish, it was observ’d, that the ordinary Burials encreased in Number considerably. For Example,

From Dec. 27 ro Jan. 3.

St. Gile’s - 16

St. Andrew’s - 17

Jan. 3 to Jan. 10

St. Gile’s - 12

St. Andrew’s - 25

Jan. 10 to Jan. 17

St. Gile’s - 18

St. Andrew’s - 18

[4]

Jan. 17 to Jan. 24

St. Gile’s - 23

St. Andrew’s - 16

Jan. 24 to Jan. 31

St. Gile’s - 24

St. Andrew’s - 15

Jan. 30 to Feb. 7

St. Gile’s - 21

St. Andrew’s - 23

Feb. 7 to Feb. 14

St. Gile’s - 24

whereof one of the Plague.

死亡週報に載ったセント・ジャイルズ・イン・ザ・フィールズ教区とセント・アンドルーズ・ホルボーン教区の埋葬数の増加は下記にあるとおり。この2教区の通常の埋葬数は12から17あるいは19あたりだったのだが、セント・ジャイルズ教区でペストが確認されてから、埋葬数は急増したと言われた。週別の埋葬数を見ると

12月27日〜1月3日

セント・ジャイルズ教区:16

セント・アンドルーズ教区:17

1月3日〜1月10日

セント・ジャイルズ教区:12

セント・アンドルーズ教区:25

1月10日〜1月17日

セント・ジャイルズ教区:18

セント・アンドルーズ教区:18

1月17日〜1月24日

セント・ジャイルズ教区:23

セント・アンドルーズ教区:16

1月24日〜1月31日

セント・ジャイルズ教区:24

セント・アンドルーズ教区:15

1月30日〜2月7日

セント・ジャイルズ教区:21

セント・アンドルーズ教区:23

2月7日〜2月14日

セント・ジャイルズ教区:24

その内ペストによる死者1名

翻訳ノート

死亡週報 (weekly bill of mortality) はその名が示すように、各教区毎の埋葬数を集計したもので、1665年2月7日〜14日の分は下の画像にある。セント・ジャイルズ教区の埋葬数は24でペスト死者は1となっている。なおなぜ右上に「1664年」と書かれているかというと、スコットランド以外の英国及び英国が統治してた領土では1752年まで新年が3月25日に始まっていたから。 あと暦はユリウス暦。

もう一面には死因別の統計が掲載されている。

【出典】 London’s dreadful visitation: or, a collection of all the Bills of Mortality for this present year: beginning the 27th of December 1664 and ending the 19th of December following: as also the general or whole years bill. According to the report made to the King’s most excellent Majesty.

 

底本

最終更新日

2020年3月20日