An Essay At Removing National Prejudices against a Union with Scotland | 4

It would be too tedious here to recite the innumerable Instances, how the Divisions of these Nations have assisted to the rising Glory of our Neighbours ; and he that has not read how France, under Charles the Dauphin, afterwards Charles VIIth. when by the Conquest of Henry the Vth. she was almost entirely subjected to the English, recovered [4] her self, chiefly by the Valour and Assistance of the Scots, must not pass with me for a Historian.

イングランドとスコットランドが敵対することで、隣国が隆盛した事例は枚挙に遑がない。ヘンリー5世の征服により、イングランドがフランスをほぼ完全に掌中に収めたとき、後にシャルル7世となったシャルル王太子がフランスを回復しえたのは、勇敢なるスコットランド人の助勢があったからだ。そのことを知らない者に、歴史家を名乗る資格はないと思う。

Had Scotland been then united to England, and the Thirty Thousand Scots, which at sundry Times went over to assist that dejected Prince, been sent thither to joyn the English Armies, then under the brave Duke of Bedford, Regent of France, and the best Generals England ever saw, France had, for ought we know, been entirely subjected to the English Power, and Britain had given Law to all these Parts of the World.

もしスコットランドがイングランドと合邦していて、この時期に窮地に陥った王太子シャルルを救うべくフランスに向かった3万のスコットランド兵が、フランスにおける摂政で勇敢なベッドフォード公と、イングランド史上最も優秀な司令官たちの指揮下のイングランド軍と合流していたならば、フランスは完全にイングランドの支配下になっていて、ブリテンはフランスを統べていただろう。

’Twould be endless to trace Antiquity, and bring upon the Stage the very many Instances when Scotland has had the Fate of England in her Hand ; and again, when England has put the Yoke upon the Neck of the Scots Power. The only useful Observation from which, to the present purpose, is, How these alternate Advantages over one another, have tended to the weakening both ; and, by a Chain of Disasters, has helpt to reduce us both to the present Condition, and Danger of being overpower’d by our too potent Neighbours ; who, had these Nations been long ago united under prudent and politick Measures had perhaps been always kept too low to have lookt us in the Face.

悠久の歴史の中で、スコットランドがイングランドの命運を握っていたり、イングランドがスコットランドの首根っこを押さえこんだことは、数えきれない。現況を鑑みて、これらから見いだせることは、一方に有利となったあとはもう一方に有利となり、結局両国とも力を消耗したということだ。この負の連鎖は、非常に強い隣国に制される危険性さえある現在の状況に我々を陥れた。もしイングランドとスコットランドの合邦が良識あり賢明な方策で遠い昔に成立していたならば、他の国々は正面切って立ち向かってくることはなかったかもしれない。

Now Disaster begins to make us wise ; and though the Steps both Nations have made toward Union, have been very slow, yet it is a long time since they both say in their Interest, and have exprest a Willingness to bring it to pass.

これらの惨事を経て、我々は目を覚ますことになった。合邦へ歩み始めたが、それでも遅々としてあまり前進せず、また両者とも各々の利益であると公言したり、合邦成功への意欲を見せた時より、長い時間が経っている。

Whether Providence, for Ends yet unknown to us, or the Nature of things, has retarded it so long, is not for me to determine ; but very small have been the Beginnings, and Progress of this Willingness to Unite.

合邦をこれまで遅らせたのは、人には計り知れない神意か、それとも自然の摂理か、私には知る術はないが、合邦への意欲そして始まりの一歩一歩は小さかった。

翻訳ノート

翻訳について

底本

Google ブックス